火災保険の選び方

無駄なく賢い火災保険を

あなたは無駄な保険料を払っていませんか?住宅を購入した際や賃貸する際、提示されるままのプランで火災保険に加入しているかたは要注意。適切な保険を選ぶことで、多くの場合で保険料を抑えることが可能です。

  • POINT 1 保険の対象を
    選ぶ
  • POINT 2 物件の構造を
    把握する
  • POINT 3 必要な補償を
    選ぶ
  • POINT 4 地震保険を
    検討する
  • POINT 5 保険期間
  • POINT 6 特定の条件下
    での割引

火災保険は火災の補償だけでなく、落雷・風災・水災といった様々な自然災害から水濡れ、爆発などの事故を補償する保険です。保険の対象には“建物”“家財”“(じゅう)器・備品”などがあり、対象に含まれないものが損害を被った場合は保険金の支払いはありません。対象物件の環境を踏まえ、無駄な保険料を支払わないためにも必要な補償を選びましょう。

POINT1保険の対象を選ぶ

  • 01

    建物

    一戸建て又はマンション戸室の
    修理費や再建築費用

  • 02

    家財

    家具、家電、衣類等の
    修理費や再購入費用

  • 03

    什器・備品

    事業用として使用している
    パソコンや机等の
    修理費や再購入費用

    ※事業用のみ

同一プランでも保険会社によって補償範囲が違ったり、建物や家財に含まれるものの範囲が異なるので、各保険会社のパンフレットや約款で詳細をご確認ください。

POINT2物件の構造を把握する

火災保険の基本中の基本として、火災保険を掛ける建物の構造を正確に把握してください。
建築確認申請書等の書面を確認するか、 施工会社等に問い合わせましょう。

  • M構造

    マンション構造

  • T構造

    耐火構造
    (省令準耐火)

  • H構造

    その他の構造

  • ※G構造

    (経過措置)

    ※各保険会社で名称が異なります。

耐火構造の物件は火災に強く、耐火性能が良い建物の方が保険料は安くなります。また、オール電化住宅は火災のリスクが低いため、保険料が割引になる場合もあります。これから新築する場合には、火災に強い建物を検討しましょう。

POINT3必要な補償を選ぶ

火災保険はいくつかの補償内容によって構成されています。
例えば、マンションの2階以上や水災の被害が少ない地域に建物があれば、床上浸水のリスクは少ないと言えます。
その場合水災補償を取り外すことにより保険料が安くなることもあります。十分に検討するといいでしょう。

  • 火災

    1. ・タバコの不始末でぼやが発生
    2. ・電気ストーブに毛布がかぶさり出火
  • 落雷

    1. ・落雷によりパソコンが故障
    2. ・建物に落雷があり、衝撃で柱や壁が損傷
  • 破裂・爆発

    1. ・調理中にカセットコンロのボンベが爆発
    2. ・ガスコンロのガスに引火し、爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災

    1. ・台風での屋根の破損
    2. ・積雪・落雪・雹(ひょう)でベランダが破損
  • 水濡れ

    1. ・天井裏の水道管が壊れて水濡れ
    2. ・マンションの風呂の水が漏水した
  • 物体の落下・飛来・衝突等

    1. ・上空を飛んでいた飛行機が墜落した
    2. ・車に当て逃げされ、塀の一部が破損
  • 騒擾(じょう)

    1. ・デモ隊と機動隊の衝突により建物が破壊
    2. ・暴力団同士の武力闘争により建物が破壊
  • 盗難

    1. ・空き巣に室内の家財を盗まれた
    2. ・空き巣が室内に侵入しドアを破壊された
  • 水災

    1. ・豪雨による洪水で建物が水浸し
    2. ・暴風雨により土砂が崩れ、建物が半壊
  • 破損・汚損など

    1. ・不測かつ突発的な事故
      ※保険会社や保険商品によっては補償内容が異なります。

POINT4地震保険を検討する

意外と知られていませんが、地震等を原因とする火災などの損害は火災保険の補償対象外です。
地震や噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、流失などの損害は火災保険では補償されません。
(ただし、地震火災費用保険金が支払われる場合があります。)
地震や津波による損害に対しても補償されるよう、地震保険も一緒に加入しましょう。

  • 火災保険+地震保険

    地震保険は単体で加入することはできません。火災保険とセットで加入することが必須条件です。

  • 対象となるもの

    地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失。
    ※建物のご契約だけでは家財の損害は補償されません。家財を保険の対象とすることで家財の損害も補償されます。

また、地震保険には、建物の建築年、免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。
詳細については弊社までお問い合わせ下さい。

POINT5保険期間

  • 長期一括払い
    がお得
  • 最短1年〜
    長期10年まで
    補償

条件例)楽天損保 ホームアシスト

所在地
東京
対象
建物、家財
構造
H構造
保険金額
建物2000万円、家財1000万円(評価額と同額)、個人賠償 無制限、類焼補償1億円、家財破汚損支払限度額50万円、免責:破損汚損等 1万円、それ以外の事故0円
補償内容
火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、水災、物体の落下、水濡れ、騒擾(じょう)または労働争議等、盗難、破損・汚損等
建築年
新築
保険期間 1年 2年 3年 4年 5年
保険料 50,510円 93,500円 136,590円 179,580円 222,560円
保険期間 6年 7年 8年 9年 10年
保険料 263,010円 306,010円 346,450円 387,000円 429,890円

※右へスクロールできます。

POINT6保険会社ランキング

お客様に人気の弊社
取扱保険会社の保険をご紹介!

1位

ホームプロテクト総合保険

AIG損保

火災をはじめ台風や大雪などの自然災害やその他の日常生活でのさまざまなリスクから大切なお住まいや家財を補償します。お客さまのニーズにあわせて、充実したご契約プランとオプション(特約)をご選択いただけます。また、さまざまな割引制度と付帯サービスをご用意しています。特長1.お客様のニーズにあわせて補償内容を選択可能! 特長2.Web申込で割引!住宅の性能や設備に応じた割引もご用意! 特長3.安心の新価(再調達価額)実損払方式!

2位

GKすまいの保険(家庭用すまいの火災保険)

三井住友海上

すまいのリスクを6つに整理し、補償内容をシンプルにしてわかりやすくしました。 1.火災、落雷、破裂・爆発 2.風災、雹(ひょう)災、雪災 3.水濡れ 4.盗難 5.水災 6.破損、汚損等。 すまいやライフスタイルに応じた、契約プランを準備しました。 また、お客さまのニーズに合わせオプション(特約)もお選びいただけます。 建物が全焼・全壊時(延床面積に対する損害の割合が80%以上)には、建物保険金額をそのままお支払いすることとしました。

3位

ホームアシスト(家庭総合保険)

楽天損保
  • リスク細分型の住宅用火災保険です。
  • 1.保険金お支払いは新価・実損払です。
  • 2.風災・雹(ひょう)災・雪災および水災の損害も100%実損で保険金をお支払いします。
  • 3.破損・汚損等の損害も対象とすることができます。
  • 4.選べる特約より補償内容をお選びいただけます。
  • 5.ハウスアシスタンスサービスで、お住まいに関するトラブルに応急処置を無料で提供します。

※このランキングは当社の取扱火災保険商品について、2013年4月からの当社への資料請求に基づい
て当社が作成したものであり、各引受保険会社の保険商品の優劣を意味するものではございません。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0120-736-770

平日 10:00〜21:00/
土日祝 10:00〜19:00

無料お見積り依頼はこちら

火災保険の選び方

火災保険を見直す

火災保険を見直して
保険料を安くする!

火災保険の見直しを考えたことがありますか?
火災保険などの損害保険は、いつでも契約の変更ができます。さらに長期間で契約を行い、途中で解約しても概ね残りの期間分の保険料が戻ってきます。つまり、現在加入している火災保険を解約して、他の火災保険に入り直すということができる仕組みになっています。

※ご契約中の保険と同一の保険会社・補償内容の場合など保険料が安くならない場合もあります。

POINT1保険契約期間を
できるだけ長く一括払する

火災保険は1年契約から10年契約が可能ですが、保険料を一括払いする場合は保険期間が長くなればなるほど保険期間1年あたりの保険料は安くなります。また、近年は保険料が値上がり傾向にありますが、最初に長期契約をすれば、加入中に保険料値上がりの影響も受けません。

POINT2不必要な補償を省く

火災保険の補償範囲は、火災、落雷、破裂・爆発、水災、風災、雹(ひょう)災、雪災、盗難、騒擾(じょう)や水濡れなど多岐にわたります。事故はいつどこで発生するかわかりません。しかし、物件によっては必要性の薄い補償もあります。
例えば、マンションの高層階に居住されている場合に、洪水などによる浸水のための“水害補償”は必要でしょうか。セキュリティーが強固に確立しているようなマンションであれば、建物部分に関しては盗難のリスクも低い場合もあります。それぞれの物件の条件次第ですが、一つひとつの補償範囲について必要かどうかじっくり考えてみてください。
必要ない補償を排除することで、保険料を節約することができます。

POINT3特定の条件下での割引

火災保険の建物は、自動車保険のASV割引やエコカー割引などと同じように、建物が持っている構造や性能によって保険料が安くなります。下記はその一例です。

  • 築浅物件割引

    建築年が新しい建物に適用

  • オール電化
    住宅割引

    住居内にある給湯、厨房、冷暖房設備などが全て電気機器を使用している場合

  • 耐火性能割引

    耐火性住宅の建物で各保険会社が認定した住宅メーカーの商品の場合

  • 耐震等級割引

    建物の評価に応じて耐震性の高い建物には30〜50%まで地震保険を割引

  • 建築年割引

    昭和56年6月以降建築に建築した建物の地震保険料を10%割引

  • Web申込割引

    インターネット上でお手続きすることで10%割引

  • 長期一括割引

    長期一括払で契約することで適用

  • ホームセキュリティ割引

    ホームセキュリティを導入している物件に適用

  • ノンスモーカー割引

    建物内で喫煙を行わない場合に適用

※各割引とも適応条件があり、必ずしも割引を受けられるとは限りません。詳しくは弊社までお問い合わせください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0120-736-770

平日 10:00〜21:00/
土日祝 10:00〜19:00

無料お見積り依頼はこちら

加入の流れ

  • STEP1

    資料請求

    資料請求はこちらから、または フリーダイヤル(TEL:0120-736-770)でご連絡ください。

  • STEP2

    お電話による商品のご説明

    当社ではお客様のご要望をお聞きした上で、詳細プランをお送りしています。

  • STEP3

    プラン決定・
    申込書類一式の郵送

    お送りした資料をご覧いただき、お申し込みが決定したら弊社アドバイザーがお電話で重要事項をご説明し、申込書記入をサポートさせていただきます。申込書類一式は同封の返信用封筒でご返送いただきます。

  • STEP4

    保険料のお支払い

    銀行振込の場合:お送りする資料に同封してある指定口座にお振込みください。
    クレジットカード支払の場合:各社によってご案内が異なりますので詳細はお問い合わせください。

  • STEP5

    お申し込み完了

    申込書とお振込の確認が出来次第、保険証券が発行されます。お申込み完了後約1週間前後で保険証券がお手元に届きます。

TOP

無料お見積もり依頼はこちら